NEWS新着情報

憧れのブーケ

2019年6月9日

こんにちは。
お祝いと記念日のプロデュースショップ
アミティエ ノリのスタッフ樋口です。

昔、私の実家に長い間飾られていた
花束がありました。

母に聞いてみると、
『結婚式で使ったブーケなの』

造花で作られた花束だったので
式後もケースに入れて飾っていたようです。

母はブーケの話をする時
とっても照れ臭そうでしたが、
とっても嬉しそうでした。

私は幼心に

『大事な思い出の詰まったお花なんだな』
『私も思い出のお花を残せたらいいな』
と思ったものです。

ですがやはり年月が経つにつれて
変色し、みすぼらしくなってしまった為
いつのころからか飾られなくなってしまいました。

そのまま私自身も忘れてしまったのですが、
自分の結婚式も無事終わって
1年ほど経った頃
アミティエ ノリの存在を知りました。

プリザーブドフラワーの素晴らしいところは
本物のお花を加工しているので、
その質感や
やわらかさまで
長い間楽しめることです。

もし結婚する前にアミティエの存在を知っていたら
私も思い出のブーケを残したかったな…
とちょっとした後悔があります。

アミティエでは生花をプリザーブドフラワーに
加工・アレンジするお仕事も受けております。

もしみなさんのお近くに

結婚式を控えた方
プロポーズでお花を貰った方
大切なお花を残したい方

そんな方がいらっしゃったら、
『お花を残せる方法があるよ』
とお伝え下さい。

大事なお花、長く残せます!

「憧れのブーケ」への0件の返信