NEWS新着情報

アミティエの大切なお客様・関係者様へ

2019年6月15日

アミティエの大切なお客様・関係者様へ
こんにちは、オーナーの小田賀子です。いつもお世話になっております。
暑くなってきましたが、いかがお過ごしでしょうか。

ご来店やメール、アドバイス、お手紙など、
いつも気にかけてくださって本当にありがとうございます。
今年に入ってから、カフェのクローズや、店舗の予約制など
ご不便や、わかりづらい点があったこと、申し訳なく思っています。

アミティエの近況報告と、今考えていることをお伝えしたくて
お便りさせていただくことにしました。

今回、何千名かのアミティエ名簿の中から、
これからも永くお付き合いいただきたいと思う特に大切な皆さまだけに、
このお便りを出させていただいたことを、先にお伝えさせていただきます。

この3か月、アミティエに関わる多くの方々から
さまざまな正直なお声や、ご要望、疑問などをいただきました。
<お客様にとってどんなカタチが親切かな>
<アミティエに求められていることは何だろう>と毎日のように考えていました。

お花やお祝いごとといえば、
大切なのは、タイムリーに、タイミングを逃さないこと。
そうわかっていても、私が一度は予約制に踏み切ったのには、理由がありました。

店舗オープンしてから5年間で、
4900件ものご注文やご相談をいただいてきました。
この4900という数は、花の数・ご注文の数というだけでなく、
<想いや背景の数>、そしてそこには、
それぞれのエピソードがあることに気付いていました。
私はその数えきれないほどの想いに立ち会い、そして寄り添う中で、
託されたその愛情や感謝を、丁寧に花の制作に込めてきました。
でも、どんなに誠実に、丁寧に仕事をしても、
私たちが納められるのは<プリザーブドフラワー>という<物>。
お預かりしたお気持ちは、
贈りたいお相手に、本当に届けることができているのか、もどかしくもありました。

アミティエに注文してくださる皆さまには、
お相手に伝えたい愛情、言えない感謝、勝負をかけたい本気、
故人を偲ぶお悔やみの気持ち、長い年月の労をねぎらう気持ちなど、
さまざまな想いがあります。
私はいつも、どんな小さなお花にも、どんなさりげない気遣いにも、
相手に伝えたい何かがあることを感じてきました。

これまで、大切な場に立ち会い、お話をお聞きし、
精一杯お客様と花に向き合ってきた中で、
私たちアミティエは、<プリザーブドフラワーを作る>ということ以外に、
お客様にできることはないものかと、毎日のように考えてきました。

2018年の冬、社内で毎晩のようにみんなで話し合いました。
その結果、アミティエのミッションは、
<お花を作ることを通して、お祝いごとを成功させること。
お客様が身近な人へ思いやりや愛情を伝えるのを陰で支えること>
だということに辿り着きます。

それからというもの、
これまでほぼ一人でお花の制作をし続けてきたスタイルを一新。
アミティエの資格コースを卒業した生徒さんたちを集めて、
「私がやってきたことをバトンタッチしたい。
アミティエのプリザーブドフラワーの職人にならないか」と真剣に話をしました。
多くの生徒さんが前向きに力を貸してくださり、
今では9名で制作チームを組み、
何か月かかけてスキルアップの特訓をしました。
私は、メンバーたちにお花の制作を任せることができるようになった分、
お客様と打合せする時間を今までの何倍も取れるようになりました。
予約をして下さるお客様に、自分が直接応対できるようになりました。

また、お客様のお祝いごとに必要なレストランや、ホテル、
洋菓子屋、結婚式場、美容院、カメラマン、打ち上げ花火師・・・
数えきれませんが、多くの提携パートナーさんと、
アミティエの実現したいことを相談できる環境を作ることができ、
ご提案の幅がぐんと広がりました。

その一方で、
予約制には賛成のお声ばかりではないことを日に日に感じます。
「予約制だと少し行きづらいなぁ」
「ふらっと行けた方が便利だったよ」
というお声ばかりでなく、
「前みたいにお花は作ってもらえるの?」
「アミティエの使い方がわかりにくい」
などのお声もいただくようになり、
私たちがイメージしていることと、
お客様が感じていることのギャップに、戸惑ったのも事実です。
どうしたら、お客様を大切に想っていることが伝わるだろうか、と毎日考えました。

私たちは、常に5年、10年先を見据えて、
日々新しいことにチャンレンジしていきますが、
お世話になっている関係者の方や、お馴染みさま、生徒さん達のことは
ずっとずっと大切に思っています。

お店のスタイルやサービスは、
たまには急ハンドルを切ることもあるかもしれません。
でも、アミティエを頼ってくださるお客様、
通ってくださるお馴染みさま、慕ってくれる生徒さんたちに、
常に感謝して、いつも大切でみなさんの幸せを願う軸は
いつだって変わることはありません。
夏を迎え、お店の内部も少し落ち着き、
多くの方々のお声を振り返りながら、
正直なところをお便りさせていただきたいな、と思い、今日に至ります。

これからも、試行錯誤していきますので、
もしかしたら皆さまにご不便をおかけしたり、
わかりづらい思いをさせてしまうこともあるかと思います。
しかし、10年長持ちするプリザーブドフラワーを販売したり、
お客様の節目の記念日等に関わらせていただく上で、
大きな覚悟と責任をもって臨んでいますので、
これからも安心して頼りにしていただきたいと思っております。

長文にお付き合いいただきまして、ありがとうございました。
最近、ホームページも新しくなりましたので、ぜひ覗いてください。
5月に新しくしたのですが、また7月にリニューアルをしました。
どんなことをやっているのか、どういう時にアミティエを使えばいいか、
そして、私の想いや店のコンセプトもたくさん載せていますので、
ご覧いただけると幸いです。

これからも、皆さまからのアドバイスやご意見を生かし、
世の中に幸せを拡げる仕事をしていけるよう、日々精進いたします。
ご鞭撻のほど、よろしくお願い申し上げます。
皆さまのご多幸と、ご健勝を心からお祈りし、
またお会いできるのを楽しみにお待ちしております。

2019年 8月吉日
Amitie nori 代表取締役
記念日プロデューサー
小田 賀子

「アミティエの大切なお客様・関係者様へ」への0件の返信