NEWS新着情報

カーネーションの花言葉

2020年4月16日

いつもブログをご覧いただきありがとうございます。
オーナーの小田賀子(おだのりこ)です。



今年の母の日は5月10日日曜日。
今日は、母の日の代名詞、カーネーションの花言葉を
一緒に見ていきましょう!


お花にはさまざまな花言葉あるのはご存知だと思いますが
実は、色によっても、花言葉がちがうんですよね!


カーネーションをプレゼントする予定のある方は
ぜひ花言葉も合わせて、考えてみてください。



ちなみに、カーネーションの代表である≪赤≫。
選ばれるランキング1位である、カーネーションの赤には、

「母の愛」「愛を感じる」「熱烈な愛」といった意味があり、
母の日に贈る色としてベターであり、私たちとしても
やっぱりオススメです。



その他の色についても見ていきましょう。



ピンクのカーネーション・・・「感謝」「上品・気品」「温かい心」
「美しい仕草」という花言葉があり、感謝の気持ちを表すのに
ぴったりであると言ってもいいかもしれません。


ここで余談ですが、ピンク色のバラの花言葉も「感謝」なんです。
可愛らしい女性らしい色に、そんな花言葉が意味づけされていたら
なんだか手に取った時、メッセージがストレートに届きそうですね。
ご参考にしてください。



つぎに、
紫のカーネーション・・・・「誇り」「気品」  あまり派手なのや、鮮やかなもので
なく、上品な落ち着いた雰囲気が好きなかたには、紫色のカーネーションをプレゼント
するのもいいですね。 店頭に置いていない場合は、ご注文いただければご用意可能です。



黄色のカーネーション・・・・「軽蔑」「嫉妬」「愛情の揺らぎ」といったネガティブな
花言葉がたくさんあるので、この意味を知ってしまうと、プレゼントにはあまり向いていないと言えるかもしれません。
ただ、明るい黄色が好き、普段から黄色が好きというお母さんであれば、あまり花言葉を気にしすぎないことも大切です。



最後に、
白いカーネーション・・・・・「尊敬」「純白の愛」「私の愛情は生きている」などの
素敵な花言葉が並んでいますが、母の日の由来のお話しからよく言われるのは、
白いカーネーションは、亡くなったお母さんにプレゼントするといういわれや印象が強いため、母の日に贈る色としては十分な注意が必要です。



以上が、今日のブログのテーマ、<カーネーションの花言葉>についてでした。
参考になりましたか?


花言葉はあくまでも、迷ったときのお助け情報です。
ぜひ、差し上げるお相手の、お好みや、この色似合うな!好きそうだな!と
プレゼントを選ぶ時間を、ワクワクと楽しんで頂きたいと思っています。



小田賀子

「カーネーションの花言葉」への0件の返信