NEWS新着情報

婚姻届けを出す前にやっておくこと

2019年5月16日

こんにちは。
お祝いと記念日のプロデュースショップ、アミティエ ノリのスタッフ樋口です。

前回は、『誕生日や結婚記念日は忘れないで!』という記事を書かせて頂きました。
今回は僭越ながら、どうしたら記念日を忘れないか…?を考えていきたいと思います。

『日付を覚えるのが苦手』
世の中意外といらっしゃるのではないでしょうか。

今や誰もが携帯を持つ時代。
自分で暗記していなくとも、携帯のメモやアラーム、カレンダー機能に入力しておけばよいのでは、
という意見もあるでしょう。

しかし!
結婚3年目の樋口から、これから入籍する男性にアドバイスです。

婚姻届けを記入したら、市役所で提出する前に
携帯のカメラでパチリ!して下さい。

ついでに2人で婚姻届けを持ってニッコリ、の写真も撮っておきましょう。
そして、撮った写真はすかさず『お気に入り』に登録。

この婚姻届け、実はとっても重要な情報がたくさん入っているのです。

①奥様の旧姓
②奥様の生年月日
③奥様の実家の住所
④奥様のご両親のお名前
⑤そして、お互いの本籍地

とっさに聞かれた時、何か公的書類に記入が必要な時、
もちろん、『妻は今年で何歳になるんだっけ…?』
と思ったときにも写真を見れば計算できます。

また、携帯のカメラは撮影日を表示させることができますので
『入籍した日』も記録されているんです。

これから入籍する人は忘れずに写真を撮っておきましょう。

そしてもちろん、仕事に没頭しすぎて記念日の準備を忘れてしまった!
という事が無いように、毎年1ヶ月ぐらい前からアラートされるようにしておくことが重要です。

アミティエでは、悩める既婚男性の為の便利なアラートサービスも企画しております。
気になった方は是非私たちにご相談ください。

「婚姻届けを出す前にやっておくこと」への0件の返信