NEWS新着情報

赤にしようか、ピンクにしようか

2020年4月25日

いつもブログへの訪問、
ありがとうございます。


オーナーの のりです。



アミティエ のお客様には男性のお客様も多く、
女性へのプレゼントで
赤にしようか、ピンクにしようか、
この二択で みなさんよく迷われます!



また私はその迷う男性に
付き合うのが大好きです。


多くの男性は、
目に見ている”色” そのものに
迷われていて、


お相手がどちらを好むか、
どちらを喜ぶだろうかと考えています。


たった二択なのですが、
これを決めるときに大いに悩むことは


この花でもたらす成果を生むために
とても重要な時間です。


私は、色のアドバイスをすることは
ほとんどありません。


だいたいの男性は、
『自分ではわかんないです、
どちらがいいと思いますか?』 と


私にお聴きになります。


しかし
このような質問に答えたことは
ほとんどありません。


あなたのパートナーは、
あなたが迷い、あなたが選び
あなたが決めてくれた花に愛着をもつからです。


私が男性がたとお話しするときには


相手との関係性、
今回の用途、
なぜプレゼントしたいのか、


このような質問を繰り返し、


そのかただけの成功の方程式を編み出します。


そうやって決めたお花は、
伝わり、繋げる最高のアイテムとなって
お相手の心に届きます。


今日も、
男性がたの掴み取りたい成功に
一件一件向き合い、


私たちは丁寧に花づくりをしています。




サクセスフラワー 商標登録申請中

「赤にしようか、ピンクにしようか」への0件の返信